FastFETオペアンプAD8033を使った失敗事例③

今回は、FastFETオペアンプAD8033を使った失敗事例②の実回路での検証の結果を掲載いたします。

FastFETオペアンプAD8033を使った失敗事例①の回路からオペアンプをオンセミコンダクタ社製のCMOSオペアンプNCS2001SQ2T2Gに変更します。
C4のコンデンサを実装しない時と数pFのコンデンサを実装した時のf-V特性を測定しました。
レベル[dB]は、1KHzの電圧値を0dBとしています。


この投稿の続きを読む »

タグ


2012年12月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

このページの先頭へ

イメージ画像