Primrose ADCボード

Primrose DSCボード】の拡張ボードとして【Primrose ADCボード(アナログフロントエンドボード) 】を開発致しました。
このPrimrose ADCボードは、Primrose DSCボードに載せる拡張ボードです。2チャンネルのシングルエンドアナログ入力回路を備えております。

回路構成

adc_block

主要スペック

アナログ入力
2チャンネル
入力インピーダンス : 1MΩ
入力レンジ : ±10VDC
信号帯域 : 100kHz (-3dB)
ゲイン : 0dB~40dB (x1倍~x40)
デジタル入力
8チャンネル
3.3VCMOS(5Vトレラント)

基板外観写真

ADC基板写真HP用

筐体組み込み写真

タカチ電機工業社製MXA4-10-7に組み込んでいます。
ADCケース写真HP用

Primrose DSCボードの特徴

簡単に100kHzまでのアナログ信号の計測を実現できます。ゲインコントロールアンプを搭載しており小信号も計測可能です。
入力インピーダンスは1MΩとしておりますので、オシロスコープの10:1プローブを使用することができます。
アナログ入力信号の読み出し及びゲイン制御する為の処理を含んだサンプルプロジェクトを提供致します。
Android端末でアナログ信号レベルを読み取る為のサンプルアプリケーションを提供致します。
  • 製品仕様書(PDF)
  • 回路図(PDF)
  • 部品リスト(PDF)
  • ケース加工図 (DXF形式データ)
  • マイコン用サンプルソフトウエア(dsPIC用)
  • サンプルアプリケーション(Android用)

Primrose 拡張ボードについて

デジタル入出力コネクタに取り付けるサーモパイルセンサーモジュールを用意しております。
それ以外にもユニバーサル基板やWi-Fi接続アダプタなど順次リリース予定です。
お客様の要求仕様に対応した拡張ボードやソフトウエアの受託開発にも対応致します。

購入方法など

本ボードは、弊社で自社開発した商品です。
開発リファレンスのセット形態やプリント基板単体での販売を致します。
お見積り希望の方や詳細仕様についてのご質問などは、弊社までお問い合わせください。

タグ


2014年9月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:開発実績

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像