Xilinx SDKでのcppcheckを使用する方法

弊社ではC/C++用の静的解析ツールの一つとしてcppcheckを活用しています。

そこで、今回はXilinx Software Development Kit(以後、Xilinx SDKと呼びます)でcppcheckを使用する方法をご紹介します。
Xilinx SDKはXilinx社より提供されているEclipseベースのソフトウエア開発環境です。
cppcheckをEclipseで使用する場合は、”cppcheclipse”というプラグインをインストールします。”cppcheclipse”はEclipseマーケットプレースから簡単にインストールすることができます。
しかし、Xilinx SDKでは、Eclipseマーケットプレースがメニューにありませんので、インストール手順を紹介します。
※cppcheckはすでにインストールされているものとして記載いたします。

  1. メニューの[Help]→[Install New Software]を選択します
  2. [Work with:]へ[http://cppcheclipse.eclipselabs.org.codespot.com/svn/update/]を入力します
  3. [Group items by category]のチェックを外してから[Select All]し[Next]ボタンをクリックします
  4. Install Detailsを確認し[Next]ボタンをクリックします
  5. ライセンスに関する規約を確認し、[I accept the terms of the license agreement]を選択し[finish]ボタンをクリックします
  6. ソフトウェアのインストールが完了すると[Security Warning]が出るが[OK]ボタンをクリックします
  7. Eclipseの再起動を促されるので[Restart Now]ボタンをクリックします
  8. [Window]→[Preferences]を選択します
  9. [C/C++]→[cppcheclipse]を選択します
  10. [cppcheck binary path]の[Browse]ボタンをクリックしてから、インストール済みのcppcheck.exeを選択して[OK]ボタンをクリックします
  11. [C/C++]→[cppcheclipse]→[Settings]と[C/C++]→[cppcheclipse]→[Problems]で任意の設定を行います
  12. 参考までに、現在使用している設定の画面を掲載します。



    [Problems]は、[The scope of the variable ‘varname’ can be reduced]のチェックのみ外しております。
これで、Xilinx SDKでcppcheckを使用して静的解析を行うことが出来ます。

タグ


2012年7月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像