Thunderbirdを効率化、テンプレートを使用した新規メール

テンプレートを使用するメリット

署名や定型的なあいさつ等の文面は署名編集機能にて実現できますが、件名や送り先を含めたいメールテンプレートを利用することで、作業をさらに効率化し、誤送信するリスクの低減することができます。

テンプレートの作成

まずは通常に新規メールを作成し、テンプレートとして保存したい内容を入力します。

thunderbird template1


入力が完了すれば、メニューの「ファイル」から「選択して保存」、「テンプレート」をクリックすればテンプレートが出来上がります。
thunderbird template2

テンプレートの使い方

作成したテンプレートは受信トレイの下の「テンプレート」フォルダに保存されているので、使用したいテンプレートを選択し、ダブルクリックすればテンプレートを使用した新規メールが編集可能となります。

thunderbird template3

タグ

2013年10月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像